マンション大規模修繕工事にかかる費用とは

保護シートで覆われたマンション

マンションを多く抱える大家さんにとって頭を悩ませる問題の一つが、定期的に行わなければならないマンション大規模修繕工事です。
なぜなら、工期が長くかかってしまうだけではなく、費用もかなりかかってしまうと予想されるからです。
しかし、マンション大規模修繕工事において手を抜いたり、その分費用を浮かしたりするのは、住民の安全を確保するためにあってはならないことです。
今ここで、どのくらいマンション大規模修繕工事の費用がかかるのか確認していきましょう。
一般的に、マンション大規模修繕工事でかかる費用は1戸当たり最低でも約75万円、平均的にはおよそ100万円前後といわれています。
たとえば40戸建てのマンションであれば最低でも3000万円以上はかかるということになります。
専門業者へ依頼するのは管理会社が行ってくれますし、対外的な費用交渉などはしてくれるでしょうが、大家の視点から注意しなければならないことが一つあります。
それは、管理会社が依頼する施工業者も下請けの関係であったり、業務的な関係が強くあったりするところです。
そのため、少し高額ではと感じた場合はその内訳などを確認してみてもよいでしょう。
いずれにしても、修繕工事そのものはタイミングをみて行うものです。少しずつ費用面についても計画的に考えていきましょう。

マンション大規模修繕工事に備えて

マンションを多く所有している方にとって避けては通れないものが、マンション大規模修繕工事です。
特にマンションが建てられてから何十年も経っているような場合であれば、なおさら必要になってきます。
しかし、いざマンション大規模修繕工事を行うとなったときに、居住者からの承諾や近隣住民への周知、そして担当してもらう業者や費用を考えていかなければなりません。
頻繁にマンション大規模修繕工事を行うことはあまりないので不慣れなのも無理はありません。
何をすればよいのかわからないというときは、専門業者へ依頼してみましょう。
そもそも、何年くらいで修繕工事を行うのがよいのか見えてこないかもしれません。
一般的には12年を一つの周期として工事を行うのがよいとされていますが、耐震強化の工事や外壁補修などを含めるともっと早くに行うべきでしょう。
あるいは、前回の工事で大規模修繕を行った場合は、12年を過ぎても安全であるといえます。
いずれにしても、定期的なマンション大規模修繕工事を行うことは、マンション管理を行う上では欠かせないことです。
費用はかかるかもしれませんが、専門業者と相談をしてみましょう。住人の安全を守るのも、大家として大切なことです。
ぜひ一度施工業者に問い合わせてみましょう。

マンション大規模修繕工事をして物件として有利になろう

マンションのオーナー様にとって切実なのは入居者の確保ではないでしょうか。建設当初は、立地から建築費用、家賃までいろんな要素を加味してマンション経営に乗り出されると思います。そして、マンションの周囲には同じような考えを持つオーナーが複数おり、入居者を獲得するための熾烈な競争にさらされ、また、経年劣化による資産の減少とも戦わなければなりません。

そこでマンション大規模修繕工事が必須になりますが、資産価値を補うだけではなく投資に見合うリターンも追及する必要があります。しかし、マンション大規模修繕工事の専門業者へ依頼といっても、周囲にある同種のマンションとの差別化を図り、お客様に選んでもらえるようになるには、購買層を明確に意識し、それに対応できるマンション大規模修繕工事業者を選定する必要があります。そのためには、オーナー自身が様々な情報を集めつつ、購買層の動向に関心を持ち、資金計画を明確に持つ経営者としての決断力を養うことが大切です。

こうした積極的な姿勢を持つことにより、故障箇所の補修の後手を重ねるマンションとの差別化を目に見える形に表し、街並みやマンションの外見から購買層のお客様に選ばれることを目指すことが大切です。

topics